6月1日 コノハガニと抜け殻 オルトマンワラエビ


天気で穏やかな一日となり、湾内外海ともに潜水可能でした。
常連ゲストさんと空いている平日の海でゆっくりと潜れました(^^)
外海は時間によって、とてもきれいになったり、強めの潮流が濁りとともに来たりと、コンディションは変わりやすい状態でした。


門下の浅場。これだけ見えていれば十分です。

 Monshita 2m
ボラにアジの仲間がピッタリとくっついてました。


門下からのエキジット風景。


濁ってるのを覚悟で湾内へエントリー。

 Wannai 4m
コノハガニと脱皮した殻。

 Wannai 19m 60mm
カエルアンコウが海藻に乗ってゆらゆらしていました。

 Tamazaki 20m
オルトマンワラエビのペア。
タマザキは流れが強い上、大濁りしていたので、門下側にかわしました。
大瀬崎の外海はポイントによって潮流の向きや強さが異なることもよくあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA