2月28日 ボウシュウボラの産卵

2月最終日は弱い東寄りの風で、外海も穏やかな海となりました(^^)

透明度は湾内外海ともに15m、水温14.2度でした。

 

 Monshita 14m

岩の奥でボウシュウボラが産卵中でした。

 

 Monshita 25m

抜けたウミエラが砂地に転がっていました。

 

 Ipponmatsu 20m

海藻まわりにいたクモガニ。

 

 Ipponmatsu 20m

ここ数年で外海のハナオトメウミウシがだいぶ増えましたね。

 

外海のゴマちゃん カエルのチビ達

 Monshita 15m 12mm

ゴマちゃんことゴマフビロードウミウウシ。大瀬崎のいろんな所で見られています。ぬいぐるみのような質感がいいですよね。

 

 Monshita 15m 8mm

 Monshita 22m 10mm

オオモンカエルアンコウの幼魚たち。

 

 Monshita 24m 10mm

ベニカエルアンコウの幼魚。

透視度15m、水温13.9度の大瀬崎の海でした。

 

ゴマフビロードウミウシ

 Sentan 15m

 Sentan 13m

先端のダイビングでは、ぬいぐるみのようなゴマフビロードウミウシ2個体に会えました(^^)

透視度15m前後、水温13.8~13.9度、東風で全ポイント潜水可能な大瀬崎の海でした!

コブダイ成魚のオス

最近見られているコブダイ成魚のオス。

 

コブダイ

寄れるこのサイズは、大瀬崎では珍しいです。

居着いてくれるといいですね~!

2月23日 富士山の日 トラフカラッパ

2月23日は2・2・3で富士山の日だそうです。

富士山周辺には雲がありましたが、大瀬崎は終日晴れで、湾内外海ともに潜水可能でした。

先週の方が透明度はクリアでしたが、15mは見えていました。水温は14度でした。

 

 Wannai 10m

まあるい形のトラフカラッパ。

 

 Wannai 13m

相変わらずフレリトゲアメフラシが多く見られています。

 

 Wannai 25m

定位置の黒カエルアンコウ。

 

 Monshita 30m

海底にイカの軟甲が・・・。

 

一昨日話していた新兵器を早くも導入して、ダイビングショップ海童さんが門下と大川下スロープのノリを一掃してくれました。行動早くてビックリ(・o・) 助かります~m(_ _)m

 

久々にエンリッチで潜って潜水時間終了です。

週末もよろしくお願いいたしまーす\(^o^)/

クラゲダコ ( Amphitretus pelagicus )

 Wannai 0m

早朝ダイブでは深海生物のクラゲダコ ( Amphitretus pelagicus ) に会うことができました。

落ち葉などに混ざって打ち上げられそうな状態だったので、少し沖側に出したら、フワ~ッと弱い力で泳いでいました。泳いでいる時に眼は常に水面方向を向いていました。

胴の外側は寒天質で、クラゲのようにすぐ壊れてしまいそうな繊細なつくりでした。