4月10日 先端と湾内のソウシカエルアンコウ

午後からのゲストさんのリクエストで、大人気のゼブラ柄ソウシカエルアンコウに会うべく大瀬崎ポイントの先端へ。

目的が同じダイバーさんが多そうなので、時間調整しながら居場所へ。
・・・
先にいた現地サービスKさんの撮影後、ゲストさんに案内したのですが、ゼブラ君は岩の中の上側に張り付いていました。
「うわ~っ、また撮りにくい所にいるな~。。」

しばらくゲストさんが撮影後、次に来た現地サービススタッフYさんチームに繋いで、その場所を後にしました。
すると間もなく、後ろから「キャ~~ッ!」という悲鳴が聞こえたので、振り向くとでっかいウツボさんが穴の中に入ってきてゼブラ君に噛みついていました(・o・)
とっさに指示棒でウツボさんを突付いて(ごめんね)それぞれを引き離しましたが、驚いたゼブラ君は穴から飛び出してゆっくりとホバーリングしながら深い側のウミトサカの付け根に移動して深呼吸?していました。
最初にいた穴はウツボさんのテリトリーだったのかな・・・?

Sentan 25m
「あ~、やばかったぁ~」という顔のゼブラソウシ君。
おかげで全身が撮れました。

 Sentan 22m
帰りに元の居場所をのぞいたらウツボさんが居座っていました。

Wannai 14m
こちらは大瀬の常連さんが教えてくれた岩に同化しちゃうタイプのソウシカエルアンコウ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA