夜間観察 サメハダテナガダコ ツバクロエイ

サメハダテナガダコ Wannai 15m
夜間によく見られるサメハダテナガダコ。

ツバクロエイ Wannai 14m
昨日と同じくらいの大きさで別個体のツバクロエイ。

ツバクロエイ Wannai 10m
さらに小さめのツバクロエイも見られました。
日中、ツバクロエイの痕跡をよく見ますが、本体を観察するにはやはり夜間のようです。日中は見られても砂に潜っています。

 

ヤミハタ

ヤミハタ Sentan 14m
先端で見られたヤミハタ。
岩の隙間を泳いですり抜けてはとどまり、という行動を続けていました。

ビゼンクラゲ属 Sentan 15m
ここのところよく見られているビゼンクラゲ。
この下には大きなピカチュウ(ウデフリツノザヤウミウシ)が見られました。

 

セミホウボウ

Wannai 18m
湾内北側のセミホウボウ。

湾内南側は前日の土砂流入によって泥が堆積していて、ヘタに着底したり、フィンワークを誤ると視界がゼロになる場所があるので要注意です。