6月19日 先端の群れがスゴかった~(^^)

 Sentan 2m
大瀬崎先端のエントリー口の風景です。
ホンダワラ類が少しスカスカしてきました。

Sentan 5m
メジナとキンギョハナダイの群れとスズメダイの群れ。

Sentan 6m
ホンソメワケベラがトラウツボをクリーニング中。

Sentan 20m
イトヒキベラの群れ。

Sentan 20m
クマノミとゲストさん。

Sentan 20m
大きなメイチダイも多く見られています。

Sentan 20m
ツキチョウチョウウオのトリオ。

Sentan 5m
タカベの群れが・・・

Sentan 5m
渦を巻いたり、

Sentan 5m
川のように流れたりと見応えがありました。

Sentan 2m
サバ類の若魚の群れ。
陸上は雲が厚くドンヨリでしたが、先端の海中は活気に満ちていました。

Wannai 23m
スミレナガハナダイを撮影中のゲストさん。
今日もお疲れさまでしたー!

 

6月28日 先端の群れ、いろいろ・・・

Sentan 3m

Sentan 3m

Sentan 5m
アジとタカベとその向こうにサバの仲間の大群!
先端では連日、群れがすごいですよ~!

Sentan 12m
ユキウサギウミウシ。
マクロ生物も楽しめますよ!

午前中を中心にたくさんの雨が降って、湾内の南側から泥水の流入もあり一時かなり濁りましたが、昼頃には雨も上がってコンディションも落ち着いていました。

 

3月6日 ミジンベニハゼ タカベの幼魚の群れ

Wannai 24m
ミジンベニハゼ。

Wannai 14m
カエルアンコウの幼魚。

Wannai 9m
コクテンベンケイハゼの幼魚。

Wannai 2m

Wannai 2m
変わった色彩のコノハミドリガイ。

Wannai 2m 5mm
シラユキウミウシ。

Wannai 2m 5mm
ブドウガイ科の一種。

Sakushita 12m 90mm
スポンジウミウシ。

Sakushita 2m
タカベの幼魚の群れ。

 

8月13日 アオリイカの産卵

Wannai 12m
湾内北側の産卵床に卵を産みに来たアオリイカたち。
今年は間隔を置きながら、長い期間産卵シーンが見られています。

Wannai 2m
湾内、石垣の上のセミホウボウ。


十数年来てくれているご家族。
お子さんたちもすっかり大きくなりました。


こちらはファンダイブと体験2日目のお二人。
かなりバランスが良くなりました(^^)
みなさん、お疲れさまでした~!

 

6月7日 ヒマワリスズメダイ イトヒキベラ

Sakushita 35m 60mm
ヒマワリスズメダイ。

Sakushita 35m 130mm
産卵床お掃除中だった体高の高いスズメダイ。

Sakushita 12m
イソコンペイトウガニ。

Sakushita 10m
群れを形成しているイトヒキベラたち。

Sakushita 5m
ホンベラ。

Sakushita 5m
ここ数年、ミギマキが増えている気がします。

Monshita 25m
カナメイロウミウシ。

Monshita 25m
ボブサンウミウシ。

 Monshita 29m
大瀬館ショータ君情報のオオモンカエルアンコウ幼魚。

 Monshita 0m
湾内や外海で何個体も見られたハナオコゼ。

5月25日 巨大ホシエイ イロカエルアンコウ


天気がよく、水温も高いダイビング日和の大瀬崎でした。

一本松のゴロタ下の海藻で覆われた岩の間の砂地で、体盤長40cm位のホシエイがいたので、ゲストさんに教えようと振り返ったら、ゲストさんが遠くを見つめていたので、視線の先を見ると、バカでっかいホシエイがゆっくりと泳いでいました。

Ipponmatsu 13m
この写真だとその巨大さがわかりませんが、尾の先までいれると今日のゲストさんよりも大きかったんですよぉ(・o・)

Monshita 18m 60mm
よく動き回っていたイロカエルアンコウ。

Monshita 20m
カタクチイワシとサバ属幼魚の群れが通り過ぎていきました。

 

5月18日 ウツボとアカシマシラヒゲエビ

Sentan 12m
ウツボが「口の中もクリーニングして~っ」とアカシマシラヒゲエビにせがんでいました。

Sentan 10m
アカオニナマコとナマコマルガザミ。

Sentan 10m

Sentan 18m
アラリウミウシ。

Ipponmatsu 34m
よく見るとキサンゴカクレエビの模様ってビワガライシの模様に似てますねぇ。

Wannai 13m
ミナベヒメジの群れがアオリイカの産卵床のまわりで餌探ししていました。

Wannai 20m
だいぶ成長してきたハワイトラギス。