4月1日 オセザキオトメウミウシ ホシキヌタ

Ipponmatsu 16m 15mm
オセザキオトメウミウシ。

Monshita 15m 55mm
タカラガイの仲間のホシキヌタ。

Ohkawashita 8m 45mm
ニシドマリハナガサウミウシかテマリハナガサウミウシ。

Ohkawashita 11m
ミノウミウシの仲間と渦巻デザインがすてきな卵塊。

Ohkawashita 11m

Ohkawashita 8m
3/23(月)と3/27(金)に見られた、アロポントニア・ブロッキーとトガリマルガザミを乗せたオーストンフクロウニがまたまた見られました。見るたびに浅くなって今回は11.5mでした(^^)

 

3月27日 カスザメ ウスアカイソギンチャク

 Ohkawashita 9m
カスザメ。

Ohkawashita 20m
4日前と同じオーストンフクロウニが20mという体に優しい水深に上がってきていました。同じくアロポントニア・ブロッキーのペアとトガリマルガザミが見られました。

Ohkawashita 30m
ウスアカイソギンチャク。アヤトリカクレエビも見られました。

Wannai 2m 10mm
湾内浅場のビワガタナメクジ。

 

3月23日 Allopontonia brockii トガリマルガザミ

Ohkawashita 28m
オーストンフクロウニについていた Allopontonia brockii (アロポントニア・ブロッキー)。ペアで見られました。

Ohkawashita 28m
そのウニの口の近くにはトガリマルガザミも見られました。
湾内のタコノマクラで見られることもあるカニで、20年くらい前だったか、大瀬でタコノマクラめくりが流行ったことがありました(^^)

Ohkawashita 30m
ウスアカイソギンチャクと右上にアヤトリカクレエビ。

Ohkawashita 30m
忍者のようなアヤトリカクレエビに寄った写真です。
見事な擬態です!

 

6月13日 ホリミノウミウシ属の一種 ニザダイ類

Ohkawashita 14m
ホリミノウミウシ属の一種。

Ohkawashita 16m
スイートジェリーミドリガイの幼体。

Ipponmatsu 28m
アカメイロウミウシ。

Ohkawashita 14m
抱卵中のサラサエビ。

Ohkawashita 6m
ヤマトカマスの幼魚。

Ohkawashita 2m

Ohkawashita 2m

Ohkawashita 2m
ナガニザ、ニセカンランハギ、ニザダイなどのニザダイ類の幼魚が出始めて、大瀬崎も賑やかになってきました(^^)

 

5月17日 カエルウオ ウミガメ

Sakushita 1m
超浅場でたくさん見られるカエルウオ。

Ohkawashita 10m
濁った朝の海中で大きなウミガメに会いました。影だけで恥ずかしい写真ですが。。。
殺気が出ていたのか、目があったらものすごい勢いで逃げていきました。
三角っぽい甲羅が藻だらけで、大瀬で見られる種類で多いアオウミガメとは違う雰囲気でしたが、アカウミガメかな~??