1月17日 マルガザミ ボウシュウボラの産卵 フウセンウミウシ

Ipponmatsu 14m
ウデナガウンバチのマルガザミ。だいぶ大きくなりました。

Ipponmatsu 11m
こちらのイソギンチャクの上にもさらに大きなマルガザミがいましたが、近づいたら口の中に隠れてしまいました。

Ipponmatsu 16m 12mm
クリヤイロウミウシ。

Sentan 21m

Sentan 21m

Sentan 21m
こちらも長く見られている3個体のニシキフウライウオ。

Sentan 21m
スミゾメミノウミウシと卵塊。

Sentan 21m 45mm
フタホシキツネベラ。

  Sentan 20m
ボウシュウボラが産卵していました。

Sentan 8m 15mm
ルージュミノウミウシ。

Sentan 5m
ゼブラガニ。

Wannai 18m 15mm
カンナツノザヤウミウシ。

Wannai 18m 10mm
つぶらな目のフウセンウミウシ。

Wannai 18m
夜行性で日中は砂中に潜っています。

 

11月29日 ツユベラ フチドリスズメダイ


先端のエントリー&エキジットは現在とっても楽ですよ(^^)

 Sentan 2m
色鮮やかなツユベラの幼魚。

Sentan 2m
ホカケハナダイ。

Sentan 10m
アブラヤッコ。

Sentan 33m
ヤイトヤッコ。

Sentan 33m
ヤセアマダイのペア。少し前に一本松26mでも見られました。

Sentan 5m
ミナミギンポ。

Sentan 7m
フリエリイボウミウシ。近くにもう1個体見られました。

Sentan 2m
フチドリスズメダイの幼魚。


先端浅場の砂地。砂紋がきれいでした!

 

10月31日 イロカエルアンコウ ニシキオオメワラスボ


10月最終日の大瀬崎は晴天となり、風も穏やかなダイビング日和となりました。

Ipponmatsu 13m
一本松正面で見られたイロカエルアンコウ。

 Sentan 3m
先端のソラスズメダイのブルーがきれいでした。

Sentan 21m
ニシキオオメワラスボ。

その他、先端ではニシキフウライウオ、ベニハナダイ、ツキチョウチョウウオ、タテジマヤッコ、ソメワケヤッコ、クダゴンベ、サラサゴンベ、ハタタテハゼなどが見られました。

 

10月18日 スジベラ ネッタイミノカサゴの幼魚


富士山には雪が積もり、寒々しい空でした。

Sentan 15m
スジベラ。

Sentan 20m
ハタタテハゼが先端の数ヶ所で見られています。

 Wannai 1m
湾内ではクラゲがいっぱい。

Wannai 9m
ホタテツノハゼ属の一種とコトブキテッポウエビ。

Wannai 8m
どこからかカスザメが泳いで来て砂に潜りました。

Wannai 2m 15mm
ネッタイミノカサゴの幼魚。

 

10月11日 大瀬崎先端のおさかな

Sentan 8m 32mm
先端のソメワケヤッコ。

Sentan 8m
モンスズメダイ。

Sentan 7m
クマノミたち。

Sentan 8m
イシガキダイ。

Sentan 12m
ウツボとクリアクリーナーシュリンプ。

Sentan 8m 45mm
タテヒダイボウミウシ。

Sentan 5m 50mm
クロヘリイトヒキベラ。

Sentan 2m 40mm
チョウハンの若魚。
今年は完全な成魚も見られています。

Sentan 2m 50mm
斜面手前の浅いところにヒメゴンベ。

 

9月26日 ベニハナダイのオス チョウハン

 Sentan 21m
ベニハナダイの雄。
潮流のある中を元気に泳ぎ回っていて撮りづらかった・・・。

Sentan 10m
越冬個体がよく見られているアブラヤッコ。

Sentan 2m
チョウハンの若魚。

Sentan 2m
ブダイの仲間の幼魚。

Sentan 1.8m
タカサゴスズメダイの幼魚。

Sentan 0.3m
水面下のオキザヨリ。