Sentan 13m
クマノミと卵塊。

 Sentan 18m
アカオビハナダイ。

 Sentan 20m
シビレエイ。

 Sentan 20m
イトフエフキ。

 Sentan 22m
クダゴンベとオルトマンワラエビ。

 Sakushita 15m
トラフケボリ。

 Sakushita 15m
ベニカエルアンコウ。

 Sakushita 15m
柵下のクマノミも卵を産んでいましたよ(^^)

 Wannai 17m 90mm
湾内正面のカエルアンコウは9cmほどに成長しています。

 Wannai 22m
上空?からミジンベニハゼの所へ行くと、ゲンロクダイが隣りにある白いムラサキハナギンチャクを突っついて引っ込ませ、そのまま泳ぎ去りました・・・。

 Wannai 4m
浅場で群れているミナミハタンポ。

 

6月23日 カサゴとベニカエルアンコウ ウミウシたち

 Monshita 15m
カサゴとベニカエルアンコウ。

 Monshita 6m
コイボウミウシ。

 Monshita 23m
アカメイロウミウシ。

 Monshita 19m
ツマグロモウミウシ。

 Monshita 20m
フタイロニシキウミウシ。

 Monshita 20m

 Ipponmatsu 21m
キイボキヌハダウミウシ。

 Ipponmatsu 17m
アライソコケギンポ。

 Monshita 10m
若いハナミノカサゴ。

 Wannai 19m
ヒメイカ。

 Wannai 19m
ミル周辺ではアオサハギやアミメハギなどの稚魚が見られます。

 Wannai 22m
黒いカエルアンコウの幼魚。

 Wannai 3.5m
イソハゼの仲間。

 

6月22日 カゴカキダイ マルガザミの幼体

 Sakushita 18m
キンスジケボリ。

 Sakushita 18m
ミナミゴンベ。

 Sakushita 15m
カゴカキダイの群れ。

 Wannai 21m
ダルマオコゼの成魚。


Tご夫妻、今回もお疲れさまでした~っ!!

 Wannai 6m
マルガザミの幼体。

 Wannai 21m
カエルアンコウがスキップするように移動していたのが面白かったぁ(^^)

 

6月21日 カエルアンコウ イボイソバナガニ

 Wannai 20m
イネゴチのアップ。

 Wannai 18m
コノハガニのメス。

 Wannai 18m

 Wannai 18m

 Wannai 18m

 Wannai 18m
湾内のカエルアンコウたち。

 Wannai 22m
イボイソバナガニ。

 Wannai 22m
ウラシマガイの卵塊。

 Wannai 8m
ハッチアウトも近いアオリイカの卵塊。目が光っています。

 Wannai 4m
海中が暗いせいでイセエビが外に出ていました。

 

6月20日 タカベの群れ スズメダイの群れ

 Sakushita 9m
柵下ではタカベの群れに会えました。

 Sakushita 9m

 Sakushita 9m

 Sakushita 16m
大きな群れを離れて、小さな群れがホンソメワケベラのクリーニングを受けに来ていました。

 Sakushita 16m
透明度もよく、ワイドな景観が楽しめました(^^)

 Sakushita 10m
トビエイ撮影中!

 Sakushita 6m

 Sakushita 6m

 Sakushita 6m
スズメダイの群れもやっぱりいいですね~!

 Sakushita 5m
Kさんの100本記念ダイブでした!
おめでとうございまーす\(^o^)/

 Sakushita 17m
産卵中のトラフケボリ。

 Sakushita 12m
ベニカエルアンコウが岩?になりきって隠れていました。

 Monshita 19m
ヤマドリ。

 Monshita 21m
フタイロニシキウミウシ。

 Monshita 24m
アカメイロウミウシ。

 Monshita 10m
ユビノウハナガサウミウシ。

 Wannai 0.3m
クロコソデウミウシ。

 Wannai 8m
ミヤコウミウシ。

 Wannai 23m
テングノオトシゴ。

 Wannai 20m
湾内のベニカエルアンコウ。

 Wannai 17m
吠えるカエルアンコウ(^^)

 

6月17日 サツマカサゴとカエルアンコウ

 Wannai 18m
サツマカサゴとその向こうにカエルアンコウ。
まわりにたくさんいるサビハゼの幼魚を狙っていました。

 Wannai 16m
ゲンロクダイ。


外海エントリー時の風景。

 Monshita 15m
数日間同じ場所で見られているベニカエルアンコウ。

 Wannai 19m
カエルアンコウの成魚を撮影中(^^)

 Sentan 22m
クダゴンベも健在です。

 Sentan 5m
ウミシダが移動中でした。


先端のソフトコーラルやムチカラマツなどは、釣り糸や仕掛けが絡まって傷をつけています。
これらを回収するにはかなり時間がかかるので、目立つものだけ回収していたら、以前釣り糸拘束にあったことのあるゲストさんが一生懸命にお掃除をしてくれました(^^)

 

6月16日 獲物を狙うヒラメ


少し肌寒い北東の風が吹いた大瀬崎でした。
午前中はどのポイントも透明度良好でしたが、午後は全ポイントで白っぽくなっていました。


獲物を狙っている大きなヒラメ。

他にカエルアンコウ、ベニカエルアンコウ、クダゴンベ、アライソコケギンポ、ミジンベニハゼ、ゼブラガニ、コブタヒラツノモエビ、ツマグロモウミウシ、テントウウミウシなどが見られました。

 

6月14日 ヒラメ オニオコゼ

 Monshita 15m
ワタトリカイメンのベニカエルアンコウ。

 Monshita 18m
トラフケボリ。

 Monshita 20m 50mm
キイボキヌハダウミウシ。

 Monshita 7m
ヒラメが岩の上で獲物を探していました。

 Wannai 18m 45mm
第1漁礁のカエルアンコウ。

 Wannai 20m 300mm
オニオコゼ。

 Wannai 20m
ミルについていたタツノイトコ。