2月5日 湾内で見られた生物いろいろ

Wannai 12m
湾内浅場のトガリモエビ。

Wannai 14m
カエルアンコウの幼魚。

Wannai 14m
25cm位の木の枝が落ちているのかと思ったらヒシガニでした。

Wannai 21m
クモガニの仲間。

Wannai 9m
タキベラの幼魚。

Wannai 8m
イソギンチャクモエビ。

Wannai 2m
石垣より浅瀬のオオウミウマ。

Wannai 2.5m
チンチロフサゴカイがくねくねとダンスしていました。

Wannai 15m
大きなセミホウボウ。

Wannai 8m
皮弁の多いカミソリウオ。

Wannai 9m
シマウミスズメの幼魚。

Wannai 4m
石垣のホシキヌタ。

 

1月25日 ニセモチノウオ フタイロサンゴハゼ ハナマルユキ


色彩がとってもきれいなニセモチノウオ。


フタイロサンゴハゼ。


ハナマルユキの幼貝。


最近また出ているヤシャハゼ。


大きなオオウミウマ。


浮遊していたホウボウ科の稚魚。

湾内では水温16.5度前後でしたが、外海は18度あったそうです。
今年も季節来遊生物が多数越冬か!?

 

1月21日 カミナリイカ スカシテンジクダイ属


朝イチのエントリー時の風景。

Wannai 20m
カミナリイカ。

Wannai 5m 110mm
トゲダルマガレイ。

Wannai 2.2m
クロホシイシモチの群れに混じって、スカシテンジクダイ属や・・・

Wannai 2.2m
タカサゴ類などが見られました。

Wannai 2.2m 45mm
タカノハダイの幼魚。

Wannai 2.5m 35mm
スジハゼ。

Wannai 2m
フシウデサンゴモエビ。

Wannai 2m 22mm
タカラガイの仲間のオミナエシダカラ(女郎花宝)。
蛇の目柄の模様が面白いな~。

 

1月17日 マルガザミ ボウシュウボラの産卵 フウセンウミウシ

Ipponmatsu 14m
ウデナガウンバチのマルガザミ。だいぶ大きくなりました。

Ipponmatsu 11m
こちらのイソギンチャクの上にもさらに大きなマルガザミがいましたが、近づいたら口の中に隠れてしまいました。

Ipponmatsu 16m 12mm
クリヤイロウミウシ。

Sentan 21m

Sentan 21m

Sentan 21m
こちらも長く見られている3個体のニシキフウライウオ。

Sentan 21m
スミゾメミノウミウシと卵塊。

Sentan 21m 45mm
フタホシキツネベラ。

  Sentan 20m
ボウシュウボラが産卵していました。

Sentan 8m 15mm
ルージュミノウミウシ。

Sentan 5m
ゼブラガニ。

Wannai 18m 15mm
カンナツノザヤウミウシ。

Wannai 18m 10mm
つぶらな目のフウセンウミウシ。

Wannai 18m
夜行性で日中は砂中に潜っています。

 

10月26日 ニシキフウライウオのペア クマドリカエルアンコウ

Ipponmatsu 20m
ニシキフウライウオのペア。

Ipponmatsu 20m
ガラスハゼ。

Ipponmatsu 20m
ヨシオキヌヅツミ。

Ipponmatsu 10m
シコクスズメダイ。

Ipponmatsu 2m
トゲアシガニ属の一種。

Monshita 17m
小さなクマドリカエルアンコウ。
前日は行方不明だったそうで、岩の岸面の海藻の中にめり込むようにしていました。

 Monshita 19m
ミナミフトスジイシモチ。
白いラインのパターンの子。