10月10日 ルリガイと卵塊


10月5日に、湾内に打ち上げられていたルリガイをバケツに入れて観察していたら、5日後の10日には卵を産んでいました。


ルリガイは浮力のある泡のイカダをつくり海面で生活していますが、そのイカダの下にきれいな紫色の卵を産みます。


産卵した泡のイカダは、前日までのモノよりも均等に長く、芸術的なつくりになっていました。


産卵前10月8日と10月6日の写真。

10月5日 大量のギンカクラゲが漂着


湾内のゴミが溜まりやすいところを見ると何やら白い泡のようなものがいっぱい・・・。


よく見ると今までに見たことのない大量のギンカクラゲでした。
桟橋の向こう側にも同じくらいの数のギンカクラゲが溜まっていました。


陸にもびっしりと打ち上げられていました。
この中にはカツオノエボシやカツオノカンムリやルリガイも混じっていました。

 

10月3日 タイコガイ ソウシハギの擬態

Sakushita 15m 70mm
タイコガイ。

Sakushita 5m 20mm
メガネスズメダイの幼魚。

Monshita 22m
ホリキヌヅツミ。

Monshita 5m 220mm
ノミノクチ。

Wannai 14m 20mm
セボシウミタケハゼ?

Wannai 15m 150mm
アザハタのあくび。

Wannai 18m
イバラタツ。

Wannai 12m 150mm
カワハギ。

Wannai 8m 180mm
クロイトハゼのペア。

Wannai 8m
カゴカキダイ。

Wannai 2m 350mm
コショウダイ。

Wannai 0.1m
オキザヨリ。

Wannai 0.1m 120mm
流木についていた若いソウシハギ。

 

9月27日 フタスジタマガシラの幼魚

Ipponmatsu 10m 25mm
フタスジタマガシラの幼魚。

Ipponmatsu 6m
ウメイロモドキの幼魚。

Ipponmatsu 6m
タカサゴ科の幼魚が多く見られています。

Ipponmatsu 6m
アオハナテンジクダイの幼魚も混じっていました。

Ipponmatsu 6m
ホウライヒメジの幼魚。

Ipponmatsu 28m
ハナタツ。

Ipponmatsu 10m
大きくなったアジアコショウダイの幼魚。

Sakushita 15m 70mm
タイコガイ。

Sakushita 15m
アカスジウミタケハゼ。

Sakushita 23m
ホシテンスの幼魚。

Sakushita 11m
ヨコシマクロダイの幼魚。

Sakushita 9m
ミツボシクロスズメダイの幼魚。

Sakushita 9m
ミツボシクロスズメダイ。

Sakushita 9m
クマノミの幼魚が増えました。

Sakushita 6m

Sakushita 6m
2匹で泳いでいたキンチャクダイ。

Sakushita 5m
タカノハダイ。

Sakushita 3m
ニセカンランハギ。

Sakushita 2m
ニザダイの幼魚たち。

 

9月13日 サラサゴンベ フリエリイボウミウシ

Monshita 12m
サラサゴンベ。

Monshita 25m
汚れた僕をクリーニングしに来てくれたホンソメワケベラ。

Monshita 20m
フリエリイボウミウシ。

Monshita 13m
ガイドロープに2匹のヘラヤガラがいました。

Ipponmatsu 2m
潜降直後のスズメダイの群れがよかったです(^^)

Ipponmatsu 2m
ゲストさん、お疲れさまでした~!

Wannai 20m 400mm
かなり成熟したハナミノカサゴ。

Wannai 20m
おっ!きれいなカンコガイが落ちている、と思ったらヤドカリが入っていました。