8月5日 一本松と湾内のいきもの

Ipponmatsu 3m
潜降してすぐのところで見られたテンクロスジギンポ。

Ipponmatsu 13m
ウデナガウンバチで見られた小さなアカホシカクレエビ。

Ipponmatsu 13m
イソギンチャクモエビ。

Ipponmatsu 14m
この付近ではこのようにボテッと砂地上にウツボがよくいます。

Ipponmatsu 15m
ハコフグ属幼魚。

Wannai 0.1m
カエルアンコウの仲間のハナオコゼ。


ムラサキニシキニナ、産卵中?

Wannai 20m
ワイングラスとも呼ばれている卵塊。

 

7月31日 ウミウシカクレエビ&アワシマオトメウミウシ ヤッコ類

Sentan 36m
アワシマオトメウミウシのかたまりに割と大きめなウミウシカクレエビがついていました。

Sentan 45m 45mm
ヤイトヤッコ。

Sentan 42m
シテンヤッコとタテジマヤッコと左端にチャイロヤッコ。シテンヤッコは何個体も見かけました。

Sentan 11m 150mm
大きくなったバラハタ。

Sentan 10m
マガキガイの眼。

Sentan 7m 25mm
キンギョハナダイの幼魚も増えてきました。

Sentan 6m 40mm
ツマジロモンガラの幼魚。

Sentan 6m
ヒヅメガニ。

Sentan 2m 35mm
ヒメフエダイの幼魚。

Sentan 2m 30mm
ハコフグの幼魚。

 

7月20日 湾内と大川下のいきもの


今日もいい天気だ~(^^)

 Ohkawashita 7m
シマアジ。

Ohkawashita 10m
マツカサウオ。

Ohkawashita 10m
ホソテンロクケボリ(右前)。

Ohkawashita 10m
ツマニケボリ。

Ohkawashita 10m
クマノミとミツボシクロスズメダイの仲良し幼魚。

Ohkawashita 15m
ヤナギウミエラ。

 Wannai 19m
オオモンカエルアンコウ。

Wannai 6m
カエルアンコウ。

Wannai 2m
カンパチの若魚たち。

 

7月4日 災害級大雨の後の大瀬崎

前日7/3(土)の大瀬崎は、大雨による川からの泥水で視界がなくなり潜水禁止となりました。
伊豆山の土石流や沼津市と清水町を結ぶ黄瀬川大橋の崩壊など、静岡県内にも大きな災害をもたらした土曜日となってしまいました。
大瀬崎へ行くときにはいつも狩野川を渡るのですが、すでに大雨が降っていた2日の金曜日には茶色い濁流がかなり水位を上げていて、口野の放水路ももちろんフルオープンで、大瀬への濁りの到達も時間の問題でした。

雨も小降りになった7/4(日)は、狩野川の水の色が茶色から緑色になり、水位もだいぶ下がっていました。
それでも道路や海況は心配なので、ゲストさんには無理に来ないようにと伝えたものの遥々お越しいただきました。

エントリーすると足元も見えて、海中は予想以上に見えていました。

 Sentan 2m
ホンダワラへ産卵に来ていたアオリイカです。

Sentan 5m
イサキの群れ。

Sentan 10m
ウツボとアカシマシラヒゲエビのペア。

Sentan 8m
こちらはコケウツボとアカシマシラヒゲエビのペア。

Wannai 16m
湾内のハボウキガイ。

まだまだ雨の降りやすい天候が続きますので、できる限りの対策をして過ごしましょう!

6月26日 タカベの群れ キジハタ ニラミギンポ 

Sentan 3m

Sentan 3m
先端へ潜ってすぐにタカベの群れがやってきました。

Sentan 3m
イナダも元気に小魚を追い回していました。

 Sakushita 21m
水深21mまで下がっていたボロカサゴ。

Sakushita 23m 400mm
キジハタ。

 Monshita 7m
巣穴に入ったニラミギンポ。

Wannai 5m 350mm
ムカデメリベ?

Wannai 9m
イモガイの仲間。

Wannai 15m
カイカムリ。

Wannai 17m
サクラテンジクダイ。

Wannai 7m
カエルアンコウ。

 

6月18日 ツバメウオ スミレコボレバケボリ カメノコフシエラガイ スミレナガハナダイ

Monshita 5m
越冬ツバメウオ。トリオで会えました(^^)

Monshita 20m 10mm
スミレコボレバケボリ。

Monshita 20m
スベヨコエビの仲間onスベヨコエビの仲間。
このままの状態で泳いでいました。

Monshita 19m 50mm
カメノコフシエラガイ。

Wannai 21m
ミジンベニハゼ。

Wannai 23m 40mm
スミレナガハナダイの幼魚。


本日は常連ゲストさんとのダイビングでした。
おつかれさまでしたー!

 

6月14日 ニザダイ ハナヤカケボリ ミノカサゴのペア


柵下のエントリー時の風景です。

Sakushita 10m
ニザダイが増えました。

Sakushita 12m
ボロカサゴも健在です。

Sakushita 10m
若いタカベの群れが通り過ぎていきました。

Sakushita 18m
ベニウミトサカに同化している巻貝のハナヤカケボリ。

Sakushita 10m 10mm
カノコキセワタ属。

Sakushita 6m
砂に潜っているヒラメ。

Sakushita 10m
ウツボのペアをよく見るようになりました。
水温があたたかくなってきて繁殖期に入った生物も多いです。

Monshita 18m
岩陰で休むウミヒゴイ。

Monshita 15m
オオモンカエルアンコウ。

Wannai 10m

Wannai 10m
ミノカサゴもペアに。

Wannai 10m
オニオコゼ。

 

6月10日 スベヨコエビの仲間 ヨシオキヌヅツミ オキナワベニハゼ

Monshita 20m 2.5mm
スベヨコエビ科の一種。

Monshita 20m
エダムチヤギのヨシオキヌヅツミ。

Monshita 5m
ツバメウオ。

Wannai 5.5m
オキナワベニハゼ。

Wannai 11.5m
直径約35mmの巣穴に入ったタコの仲間。
離れた場所から最初に見たときには乳白色で、全身出てホバーリングしていて、まるで「てるてる坊主」のようでした。

Wannai 5m
前日と同じところで風景を。
若干白濁していましたが青さがあってきれいでした(^^)