9月16日 ツバクロエイ アヤトリカクレエビ

Tamazaki 11m
体盤幅約140cmのツバクロエイ。
ゲストさんに紹介するため砂を払ったら、ホンソメワケベラがクリーニングにやってきました。

Tamazaki 5m
ハナマルユキ。

Tamazaki 23m
アヤトリカクレエビ。

Tamazaki 21m
ジュズエダカリナを背負ったカイカムリの仲間。

Tamazaki 20m
フエヤッコダイ。

Ipponmatsu 20m
ニシキフウライウオ。

 Ohkawashita 15m
キリンミノの幼魚。

Ipponmatsu 2.5m
ノミノクチ。

 

9月9日 ヘイケガニの仲間 オキヒイラギ


ナイトダイビング中、水底に小さな木片が落ちていて、
ピクッと動いた気がしたのでよく見てみると・・・


ヘイケガニの仲間が木片を背負っていました。

Wannai 17m
イズヘイケガニ?甲幅が約12mmと小さなカニでした。

Wannai 19m
ウミサボテンの仲間。

Wannai 20m 40mm
オキヒイラギ。

 

8月20日 タスジウミシダウバウオ サビイロオトメウミウシ

先月の雨で、外海側の門下とタマザキの間で土砂崩れがあり通行できなかったのですが、通行止めロープが外されていたので、道を見てみたら通行可能になっていたので、そのままタマザキへ向かいました(^^)

Tamazaki 12m 11mm
ツヤウミシダで見られた小さなタスジウミシダウバウオ。

Tamazaki 25m 50mm
岩礁の上で見られたサビイロオトメウミウシ。

Tamazaki 30m
ススキカラマツについていたイボイソバナガニ。

8月7日 アサヒガニ

 Wannai 18m
最近、目だけ出して砂に潜っているアサヒガニを何度も見かけましたが、
久々にアサヒガニの全身を見ることができました。
移動する姿がとても面白いですよ(^^)

7月15日 オオモンカエルアンコウ アカイシガニ

 Wannnai 24m
オオモンカエルアンコウの幼魚。
ケーソンの側面にいないと思ったら、砂地の物陰に出張してました(^^)

Wannnai 17m
海中浅場はニゴニゴですが、ある程度潜るとやや冷たくきれいな潮になり、マトウダイも見られました。

Wannnai 17m
オオウミウマも健在でした。

Wannnai 19m
ウデフリツノザヤウミウシを撮影中のゲストさん。

Wannnai 17m
アカイシガニ。

 

6月8日タマザキ ハクセンアカホシカクレエビ アヤトリカクレエビ


夏日の大瀬崎!タマザキへエントリー(^^)

Tamazaki 30m
スナイソギンチャクとハクセンアカホシカクレエビ。

Tamazaki 23m
アヤトリカクレエビのペアも健在。

Tamazaki 28m
ニクイロクダヤギにクダヤギクモエビが潜んでいました。

Tamazaki 28m
ウミシダの仲間。

Tamazaki 20m 50mm
ナガハナダイの幼魚。

Tamazaki 11m 80mm
ホシテンスの幼魚。

 

5月23日 アヤトリカクレエビとカゴウニカクレエビのペア


いい天気だぁ~\(^o^)/
干潮でエントリー難度が上がってる一本松。

Monshita 27m
アシボソベニサンゴガニ。


台車置き場までの悪路を走破してタマザキにエントリー(^^)

Tamazaki 23m
アヤトリカクレエビのペア。

Tamazaki 28m
砂地のオーストンフクロウニにはカゴウニカクレエビのペアが見られました。
エビはウニの裏面(口側)にいることが多いのですが、裏面は砂だらけで写真映えしないのと、ウニが起き上がろうとして動き回るので撮りづらいため、上面に移動してもらうことが多いです。が・・・、


上記とは別に、ウミウチワの付着している割と大きな岩の上にオーストンフクロウニが登っていて・・・、

Tamazaki 25m
よく見るとこのウニには初めから上面にカゴウニカクレエビがついていました。

Tamazaki 23m
こちらはゼブラガニです。
このカニも上面の肛門近くについていました。

Tamazaki 11m
ホシテンス。


花も気になるお年頃になりました!?
タマザキ近くに咲いていたアサガオにも似た花で、調べたらハマヒルガオという種類らしい。

 Wannai 13m
湾内やや南側のオオウミウマ。

Wannai 21m
少し前に、はごろもフジワラさんに教えてもらったイロカエルアンコウ。

Wannai 21m
テナガコブシガニ。

Wannai 5m
ナマコマルガザミ。

Wannai 6m
産卵に来ていたアオリイカ。