7月31日 ウミウシカクレエビ&アワシマオトメウミウシ ヤッコ類

Sentan 36m
アワシマオトメウミウシのかたまりに割と大きめなウミウシカクレエビがついていました。

Sentan 45m 45mm
ヤイトヤッコ。

Sentan 42m
シテンヤッコとタテジマヤッコと左端にチャイロヤッコ。シテンヤッコは何個体も見かけました。

Sentan 11m 150mm
大きくなったバラハタ。

Sentan 10m
マガキガイの眼。

Sentan 7m 25mm
キンギョハナダイの幼魚も増えてきました。

Sentan 6m 40mm
ツマジロモンガラの幼魚。

Sentan 6m
ヒヅメガニ。

Sentan 2m 35mm
ヒメフエダイの幼魚。

Sentan 2m 30mm
ハコフグの幼魚。

 

7月6日 カエルアンコウ ミジンベニハゼ ゼブラガニ ピカチュウ

Wannai 10m
海藻に潜んでいたカエルアンコウ。

Wannai 21m
大瀬のアイドル、ミジンベニハゼのペア。

Monshita 25m
イイジマフクロウニにゼブラが2。

Monshita 6m
小さなサンゴが成長中!

Monshita 5m
いつものサンゴはこんなに大きくなりました。

Wannai 19m
オオモンカエルアンコウ。

Wannai 19m
ピカチュウことウデフリツノザヤウミウシ。

 

6月29日 柵下、門下、湾内の生物たち


朝は雨が降っていて、予報はくもり時々雨でしたが、1本目に潜る頃には青空が広がっていました。
この時期ではよくあることで、大瀬の晴天率はいいですよ~(^^)
そして、透視度も昨日から大幅アップで、青い海が楽しめました!

 Sakushita 20m
ムラサキウミコチョウ。

Sakushita 25m
サクラダイのオス。

Sakushita 27m
ここ最近では見に行くたびに水深が深くなってます。

Sakushita 15m
ドロノミの仲間。

Sakushita 10m
ヘラヤガラ。

Sakushita 4m
マツバギンポ。

Sakushita 2m
ソラスズメダイ。

Sakushita 2m
エキジット直前の景色。小魚がい~っぱいです。

Sakushita 0.5m
カエルウオ。

Monshita 21m
アキアナゴのコロニー。

Monshita 5m
イソコンペイトウガニ。

Wannai 6m
クマノミと卵塊。

早くも今年の半分が過ぎましたね。
後半もよろしくお願いいたしまーす!

6月26日 タカベの群れ キジハタ ニラミギンポ 

Sentan 3m

Sentan 3m
先端へ潜ってすぐにタカベの群れがやってきました。

Sentan 3m
イナダも元気に小魚を追い回していました。

 Sakushita 21m
水深21mまで下がっていたボロカサゴ。

Sakushita 23m 400mm
キジハタ。

 Monshita 7m
巣穴に入ったニラミギンポ。

Wannai 5m 350mm
ムカデメリベ?

Wannai 9m
イモガイの仲間。

Wannai 15m
カイカムリ。

Wannai 17m
サクラテンジクダイ。

Wannai 7m
カエルアンコウ。

 

6月8日 湾内で見られた生物たち

Wannai 6m
ミナミギンポ。

Wannai 20m
長く見られているクリヤイロウミウシ。

Wannai 20m 150mm

Wannai 20m 150mm
大きなイッサイフシエラガイ。

Wannai 19m
大きなハナミノカサゴ。

Wannai 20m
イソコンペイトウガニ。

Wannai 20m
アカシマシラヒゲエビ。

Wannai 2m
ホンダワラ類はまだ元気です。

 

5月28日 オオウミウマ 湾内のイッサイフシエラガイ ネンブツダイの群れ


低気圧通過後で外海はウネリが出ていたので湾内を3ダイブしました。

Wannai 10m
長く見られている大きなオオウミウマ。

Wannai 20m
まだ小さなオオウミウマ。

Wannai 20m 120mm
イッサイフシエラガイ。

Wannai 20m
オオモンカエルアンコウ。

Wannai 19m
イソコンペイトウガニ。

Wannai 18m
ロープ漁礁のシマヒメヤマノカミ。

Wannai 8m
ネンブツダイが集合していました。
テンジクダイ類の口内哺育も始まっています。

 

5月14日 湾内の甲殻類たち

Wannai 19m
第3漁礁近くのイソコンペイトウガニの生体(下)と抜殻(上)。

Wannai 21m
常連ゲストさんが見つけてくれたヒラツノモエビ属の一種。
ガイド後に撮りに行きました。

Wannai 5.5m
オオイワホリイソギンチャクとアカシマシラヒゲエビ。
実際は天地が逆です。