1月20日 水温14度になった大瀬崎


朝7時エントリー時の富士山です。
暦では一年で最も寒くなる大寒となりました。
朝6時の伊豆の国市では気温マイナス2度になっていました。
寒い分、景色はすごくいいですね(^^)

Sakushita 27m
アヤトリカクレエビ。

Sakushita 5m
ヨゴレヘビギンポ。

Wannai 19m
砂地を移動中のハクセンミノウミウシ属の一種。

Wannai 23m
ツノザヤウミウシとフジタウミウシ属の一種たち。

Wannai 18m
メガネウオも観察しやすい季節になりました。

Wannai 16m
ベニカエルアンコウの幼魚も健在でした。

Wannai 2m
ヨコシマエビも多く見られています。
手がしびれる13.8度という水温でした。

12月22日 大瀬崎柵下のいきもの


アケボノハゼです。
水温が冷たくなって南方系ハゼ類も神経質になりました。
ストロボ1発ですぐに引っ込まれました。。

 40m
ハクセンアカホシカクレエビ。

 33m
アジアコショウダイ。

 27m
アヤトリカクレエビ。

 25m
テングチョウチョウウオ。

 15m
ノコギリハギ。

 12m
カモハラトラギスのオス。

 10m
ツバメウオ。

 5m
ヨゴレヘビギンポ。上から撮ると岩肌と同化しちゃいます。

 

12月10日 外海の生物と湾内の浮遊系生物

Sakushita
外海の風景です。大型客船が遠くに見えました。

Sakushita 15m
岩の隙間のアイゴ。

Ohkawashita 20m
アカオニナマコで見られたウミウシカクレエビ。

Ohkawashita 20m
ウツボのペア。

Wannai
湾内では大量のニチリンクラゲが発生していて、水面付近には筋状に連なっていたり・・・

Wannai
竜巻状にまでなっていました。

Wannai 2m
他にも様々なクラゲ類や・・・

Wannai 3m
コノハゾウクラゲや・・・

Wannai 1.8m
クラゲにやられた?瀕死のリュウグウノツカイや・・・

Wannai 1m
アナゴ類の仔魚などが見られました。

 

11月29日 クシノハカクレエビ イソギンチャクエビ ミドリイシ類の魚

Ohkawashita 15m
ザラカイメンの中のクシノハカクレエビ。

Ohkawashita 15m
イソギンチャクエビ。

Ohkawashita 15m
カザリイソギンチャクエビ。

Ohkawashita 15m
ゴシキエビ。

 Ipponmatsu 21m
ホリキヌヅツミ。

Wannai 21m
ロータスミノウミウシと・・・

Wannai 21m
その卵塊。

Wannai 11m
ナンヨウハギ。

Wannai 11m
ナメラヤッコ。

Wannai 11m
フタイロサンゴハゼ。

Wannai 11m
メガネゴンベ。

 

11月20日 ホシノエソとアカホシカクレエビ アケボノハゼ

 Ipponmatsu 13m
ホシノエソをクリーニング中のアカホシカクレエビ。

 Monshita 15m
アカオニナマコとウミウシカクレエビ。

 Monshita 15m
小さなイロカエルアンコウ。

Sentan 29m
先週、アケボノハゼをヒャクさんは先端灯台側30mで見つけ、今日は非常勤ガイドのキム兄が正面土嚢左下の深い所で2個体見つけました。
ガイド中なので深い所は行けませんが、僕も居そうな雰囲気の所を探してみると1個体見つけることができました。
とりあえず恥ずかしい証拠写真を。
この後すぐに引っ込まれましたが、敵討ちに行ってくれたサンライズの一眼部隊二人はちゃんと撮って来ました~(^^)