1月18日 湾内と門下の生物たち

Wannai 19m
ニシキフウライウオ。だいぶ減りました。

Wannai 21m
セスジミノウミウシ。

Wannai 19m 5mm
シラヒメウミウシ。

Wannai 8m
ホウボウの幼魚。

Wannai 6m
ヒガンフグ。

Wannai 1.5m
エキジット間際の大群。

 Monshita 20m
アカスジウミタケハゼ。

 Monshita 20m
クモガニの仲間。

Monshita 5m
イソコンペイトウガニ。

Wannai 2m
ヒメクロモウミウシ。

Wannai 1.5m
ダイナンギンポ。

 

12月16日 湾内の生物たち

Wannai 15m
先月末で大瀬館さんを退職したうっちーが見つけて教えてくれた湾内のピカチュウことウデフリツノザヤウミウシ。

Wannai 20m
イロカエルアンコウの幼魚。

Wannai 10m
浅場のクマドリカエルアンコウ。

Wannai 20m
トラフケボリが集合してました。

Wannai 2m
シャコの仲間。

Wannai 5m
サラサハゼ。

 

8月16日 真夏の大瀬崎湾内


2年ぶりに常連家族さんが大瀬へ来てくれました。
カゴカキダイも喜んでたくさん集まってきてくれました。
かなり濁っていましたが、ここでは他にアカハタ、オオモンハタ、クロダイ、マダイ、メジナ、イトフエフキ、スズメダイ、アカササノハベラなどが見られました。

ワカウツボの幼魚 カエルアンコウ ツノカサゴ 

Wannai 2m

Wannai 2m
ワカウツボの幼魚が2個体見られました。

Wannai 26m
ウミヒルモに隠れたカエルアンコウの若魚。

Wannai 26m
ツノカサゴも健在でした。

この後、以前にも起きた大雨による土石流災害が起きてしまい、土砂が湾内南側に流入しました。
大瀬崎南側のサービスが大きな被害を受けたり、お客さんの車が埋まったりと大変な状況になりました。
最近、異常気象も起きやすいので気をつけたいですね。

 

11月27日 ホカケハナダイ ベンガルフエダイ コンゴウテンジクダイ

Sentan 5m
先端浅場で見られた若いホカケハナダイ。

Wannai 17m
ヨスジフエダイ似のベンガルフエダイ。

Wannai 17m
アオスジテンジクダイ似のコンゴウテンジクダイ。

Wannai 20m
キヌヅツミの仲間。

Wannai 20m
セボシウミタケハゼ。

 Wannai 15m
ビーナス漁礁で見られたコショウダイ。

 

7月11日 先端と湾内のおさかな


青空の広がった大瀬崎の先端へエントリー。


先端は下へ行くほど透明度が上がり、水温が下がるという海況でした。

 Sentan 2m
浅場のソラスズメダイの群れ。

Sentan 4m
タカベの群れ。

Sentan 8m
キンギョハナダイ雌の群れ。

Sentan 15m
キンギョハナダイ雄の群れ。

Sentan 22m
先端のイロカエルアンコウ近くのオオモンカエルアンコウの幼魚。

 Wannai 22m
こちらは湾内南側のイロカエルアンコウの幼魚。

Wannai 22m
ニホンアワサンゴ。