1月5日 海況良好~ モンハナシャコ


今年に入ってから大瀬崎はほぼ毎日穏やかな日が続きました。
水温も高めで透明度も良好ですよ~!

Sentan 22m
大きくて迫力のあるモンハナシャコ。

Sakushita 18m
ウツボとクリアクリーナーシュリンプ。

Sakushita 18m
センナリスナギンチャク。

Monshita 8m
ツキチョウチョウウオ。2個体見られました。

Monshita 15m
ニシキフウライウオ。

Monshita 20m
ホオジロゴマウミヘビ。

Wannai 11m
ミカヅキツバメウオとゲストさん。

Wannai 16m
イバラタツ。

Wannai 4m
スザクサラサエビ。


年末年始、おつかれさまでした~っ!!

12月18日 湾内の生物たち

Wannai 18m
湾内の砂地を優雅に飛んでいたトビエイ。

Wannai 22m
バイク北側のオオウミウマ。

Wannai 0m
エボシクラゲ。

Wannai 0m
エビの仲間の幼生。

Wannai 15m
カニのモクズショイ。

Wannai 24m
ミジンベニハゼ。

Wannai 21m
イバラタツ。

Wannai 18m
ネズッポ類の幼魚。

Wannai 18m
ミネミズエビ。

Wannai 18m
ナカザワイソバナガニの雌雄。

Wannai 2m
ニシン科の群れ。

 

11月13日 キンセンイシモチの幼魚

Tamazaki 13m 25mm
あくび中のキンセンイシモチの幼魚。

Tamazaki 20m 15mm
コクテンベンケイハゼの幼魚。

Tamazaki 20m 12mm
上と同じ場所に数個体見られたイチモンジハゼの幼魚。

Tamazaki 20m
ジュズエダカリナのセボシウミタケハゼ。

Tamazaki 20m
ガラスハゼ。

Tamazaki 18m
ガラスハゼの仲間。

Ipponmatsu 25m 40mm
ウィランイボウミウシ?

 

11月1日 今シーズン初のクマドリカエルアンコウ

Ipponmatsu 14m 8mm
クマドリカエルアンコウ。
前日付で退社となった はごろもMS井上くんチームが10/31に見つけてくれた今季1号のシロクマです。

Ipponmatsu 21m
クマノミとミツボシクロスズメダイの若者たち。

Ipponmatsu 17m
トラフナマコとナマコマルガザミ。


通算500本以上の経験本数のうち、この日が大瀬崎300本となるゲストさんですが、タマザキへ潜りに行ったことが一度もなかったので、はじめてトライすることになりました。たくさん潜りに来ていただき本当にありがとうございます!!
タマザキ(旧:ゴミ捨て場)はポイントまで遠いし、ゴロタを長い距離歩かなくてはならないので、あまりゲストさんとは潜りませんが、これからの時期はとくに楽しくなるんですよね(^^)

Tamazaki 20m
テヅルモヅルエビ。

Tamazaki 25m
イロカエルっぽいオオモンカエルアンコウの幼魚。

Wannai 14m
ユカタハタ。
平成最後の冬の平均水温が高かったため、季節来遊魚が今まで見たことがないほど成長しています。

Wannai 18m
カミソリウオ。

 

10月5日 大量のギンカクラゲが漂着


湾内のゴミが溜まりやすいところを見ると何やら白い泡のようなものがいっぱい・・・。


よく見ると今までに見たことのない大量のギンカクラゲでした。
桟橋の向こう側にも同じくらいの数のギンカクラゲが溜まっていました。


陸にもびっしりと打ち上げられていました。
この中にはカツオノエボシやカツオノカンムリやルリガイも混じっていました。