5月4日 アンコウ オオウミウマの幼魚 アオリイカ アカシマシラヒゲエビ


湾内エントリー時のビーチの景色です。いい天気だ~(^^)

Wannai 15m 300mm
冬の水温が高めだったせいか、今シーズン目撃例の少なかったアンコウに会えました。


眼の後方にある上膊棘は枝分かれした多尖頭でアンコウの特徴です。
似ているキアンコウは1本の単尖頭になります。

Wannai 19m
黄色いオオウミウマの幼魚。

Wannai 16m 70mm
フレリトゲアメフラシ。

Wannai 13m
産卵シーズンになったアオリイカ。

Wannai 5.5m
湾内浅場のアカシマシラヒゲエビ。バックのオオイワホリイソギンチャクもきれいです。

 

4月29日 先端のキンギョハナダイ ピカチュウ カエルアンコウ

Sentan 15m
先端のキンギョハナダイの群れ。

Sentan 20m
カシワハナダイの若魚。

Wannai 20m
ウデフリツノザヤウミウシ。

Wannai 20m
オオモンカエルアンコウ。

Wannai 10m
柄が変わっていてかわいいカエルアンコウの幼魚。

Wannai 15m
シマヒメヤマノカミ。写真には写っていませんがもう1個体いました。

Wannai 5m
大きなウミテング。

Wannai 2.5m
ニジギンポたち。

Wannai 2m
常連のゲストさんたち。
一人は僕と潜った本数が400本になったそうです。
いつも本当にありがとうございますっm(__)m

 

4月22日 ツノザヤウミウシの交接


ガイドダイブが終わったあと、ガイドロープの目印になるケーブルタイをつけていたら、ロープ脇にオレンジ色がきれいな2個体のツノザヤウミウシがいました。


ウミウシが移動したところには粘液が残っているので、それを頼りにウミウシ同士が出会います。

Wannai 23m
雌雄同体なので、それぞれの体の右側にある交接器を接続して交接します。
その後、産卵場所を見つけて産卵します。

 

4月19日 ウサギトラギス ソウシカエルアンコウ クサモチアメフラシ


背鰭の大きなウサギトラギスの雄と・・・

Wannai 14m
背鰭の小さなウサギトラギスの雌。

Wannai 12m
セナキルリスズメダイの幼魚。

Wannai 14m
ジャグルジム近くのカエルアンコウの幼魚。

Wannai 20m
定位置のソウシカエルアンコウ。

Wannai 23m
クサモチアメフラシ。

Wannai 23m
サンゴタツ。

 

4月15日 ホシエイ カズラガイ ウデフリツノザヤウミウシ

Ipponmatsu 21m
早朝の大瀬崎一本松。
水深20mを超えたところで大きなホシエイが横たわっていました。
近づくと反転して泳ぎはじめました。

Ipponmatsu 21m
手前にいるダイバーと比べてもこんなに大きかったです。

Ipponmatsu 22m
柵下方向を見るとツキチョウチョウウオが3個体で泳いでいました。

Ipponmatsu 22m
いつもペアで見られるホシベニサンゴガニ。

Wannai 5m
湾内でよく見られるマゴチ。

Wannai 4m
北側の砂地に下りてすぐのところでカズラガイが砂地を移動していました。

Wannai 24m
ハナミノカサゴの若魚。

Wannai 24m

Wannai 20m
オオモンカエルアンコウの幼魚たち。

Wannai 20m
交接中のピカチュウ(ウデフリツノザヤウミウシ)。