10月11日 大瀬崎 柵下のおさかな


台風接近により前日はすべてのゲストがキャンセル、この日もほとんどがキャンセルになりましたが、台風一過で気持ちよく晴れて全ポイント潜水可能の絶好のコンディションとなりました。
奥駿河湾に避難していた地球深部探査船「ちきゅう」も帰って行きました。

Sakushita 1.8m 20mm
イソギンポ科の小さな幼魚。

Sakushita 14m
オオモンカエルアンコウ。

Sakushita 26m
ボロカサゴ。

Sakushita 18m
比較的浅い水深のアヤトリカクレエビ。

 

9月27日 フタスジリュウキュウスズメダイ スジアラ

 Sakushita 18m
ヤギ類の枝の間でミツボシクロスズメダイの幼魚と一緒に見られたフタスジリュウキュウスズメダイの幼魚。

Sakushita 22m
大人気のボロカサゴ。

Sakushita 22m
ピンクのオオモンカエルアンコウの幼魚。

Sakushita 22m
カミソリウオ単体と

Sakushita 23m
カミソリウオのペア。

Sakushita 8m
ハタの仲間のスジアラ。

 

9月22日 ボロカサゴ ヨコスジイシモチの幼魚

Sakushita 27m 180mm
柵下へエントリーしたら、シーキングの赤堀くんが上がってきて、ボロカサゴがいたよ~、と教えてくれました。
紫色のきれいな個体でした(^^)
今日は全体的に水温が下がっていて、この場所で21度を切っていました。

Sakushita 22m
白いオオモンカエルアンコウの沖側にニシキフウライウオのペアが見られていますが、それ以外のペアを見つけました。
ニシキフウライウオは当たり年ですね。

Sakushita 15m 50mm
サラサゴンベ。
中層では、イシフエダイ属が3個体、ウメイロが2個体泳いでいました。

Sentan 15m 200mm
越冬してだいぶ成長しているアザハタ。
湾内では約30cmの個体も見られています。

Wannai 19m 35mm
カエルアンコウ科の一種、Nudiantennarius subteres(ヌディアンテンナリウス・スブテレス)。

Wannai 19m 15mm
ヨコスジイシモチの幼魚。

Wannai 14m
湾内のニシキフウライウオのペアも健在でした。

 

9月24日 連休後の静かな平日


台風が心配された連休後の静かな大瀬崎。
晴天の明るい海へエントリー(^^)


南方種のカスミアジが通り過ぎていきました。


ミカヅキツバメウオ撮影中。


ボロカサゴ撮影中。
2本目の後半、急に流れとともに濁り水がやってきて、グリーンな海となってしまいました。台風通過後にはよくあることです。。

Tさん、Sさん、Mご夫妻、今回もありがとうございました~っ!

 

9月6日 ニシドマリハナガサウミウシ

Ipponnmatsu 100mm
大きなニシドマリハナガサウミウシ。

Ohkawashita 19m
アカホシカクレエビ。

Monshita 25m
ニシキフウライウオのペア。

Wannai 10m 100/60mm
カエルアンコウのペアと

Wannai 12m 70mm
少し下のカエルアンコウ。

Wannai 2m
ボロカサゴを撮影中のゲストさん。
おつかれさまでした~っ!!