4月2日 ピカチュウ アカオニミノウミウシ オニオコゼ属

Ipponmatsu 25m 15mm
ウデフリツノザヤウミウシ。
かわいい動きをしてました(^^)

Ipponmatsu 14m 20mm
アカオニミノウミウシ。

Ipponmatsu 14m 60mm
オニカサゴ属ウルマカサゴ?
背鰭第3棘が最も長く、眼上皮弁が目立ちます。

Ipponmatsu 14m
アカオニナマコの上にクリアクリーナーシュリンプがいました。

Ipponmatsu 5m
大きな越冬ツバメウオ。

 

3月4日 ボロカサゴ ピカチュウ 3色のトガリモエビ ツノカサゴ


朝イチで常連ゲストさんと柵下へ。

Sakushita 19m
人気のボロカサゴ。

Sakushita 15m
フトヤギの仲間とアワシマオトメウミウシ。

Sakushita 20m
オルトマンワラエビのペア。

Sakushita 20m 13mm
ピカチュー(ウデフリツノザヤウミウシ)。

Wannai 5m
湾内の砂地に潜っていたマダラエソ。

Wannai 25m

 Wannai 25m
赤・白・黄色のトガリモエビが見られました。

Wannai 23m 60mm
眼上皮弁の立派なツノカサゴ。

 

7月24日 ウデフリツノザヤウミウシの交接 ボブサンウミウシ

Wannai 19m
犬面漁礁ではピカチュウ(ウデフリツノザヤウミウシ)が交接中でした。

Wannai 19m
ちょっと不自然な場所でボブサンウミウシ。

Wannai 17m 120mm
やや育ったセミホウボウ。


水面では赤潮も出ていて濁りが目立った大瀬崎の海でした。
みなさん、今回もお疲れさまでした~っ!!

 

7月17日 ミルのトガリモエビ セジロノドグロベラの幼魚


見るからに茶色く濁った海へ常連ゲストさんとエントリー(^^)

Wannai 16m
大きなオオウミウマ。

Wannai 16m
上の個体より少し小さく黄色いオオウミウマ。

Wannai 17m
15m以深が冷たく、冬場のマトウダイも姿を見せてくれました。

Wannai 22m
トガリモエビも健在です。

Wannai 19m
ウデフリツノザヤウミウシも数ヶ所で見られています。

Wannai 19m
クロスジウミウシ。

Monshita 21m
コダマウサギ。

Monshita 21m
白いミツイラメリウミウシ。

Monshita 16m
セジロノドグロベラの幼魚。

Monshita 15m
前日よりさらに増えて3個体のゾウアメフラシが見られました。

 

7月15日 オオモンカエルアンコウ アカイシガニ

 Wannnai 24m
オオモンカエルアンコウの幼魚。
ケーソンの側面にいないと思ったら、砂地の物陰に出張してました(^^)

Wannnai 17m
海中浅場はニゴニゴですが、ある程度潜るとやや冷たくきれいな潮になり、マトウダイも見られました。

Wannnai 17m
オオウミウマも健在でした。

Wannnai 19m
ウデフリツノザヤウミウシを撮影中のゲストさん。

Wannnai 17m
アカイシガニ。

 

7月12日 オニオコゼ ヒメオオメアミ


浅場は1mほど、水深20m前後では8mほどの透視度でした。
写真は湾内北側にエントリーの風景です。

 Wannai 16m
定位置のオオウミウマ。

Wannai 20m
常連ゲストさん発見のウデフリツノザヤウミウシを撮影中(^^)

Wannai 16m 350mm
オニオコゼの成魚。

Wannai 12m 25mm
オニオコゼ属の幼魚。

Sentan 2m
先端浅場のタカベの群れ。

Wannai 11m
ハワイトラギスの幼魚。

Wannai 9m
セレベスゴチ。

Wannai 17m
カエルアンコウ。


いろんな色彩のヒメオオメアミ。

Wannai 8m
上からの写真。

 

7月3日 サカタザメ ヨシオキヌヅツミ


ここのところ外海の荒れてる日が多かったので、久しぶりの門下です。
ふと水面から岸を見ると、門下とタマザキの間で土砂崩れしていました。
大好きなタマザキへの道のりがまたハードになってしまった・・・。

Monshita 15m
最近の大雨で海中は白濁していました。
砂地に出てすぐに会えたサカタザメ。

Monshita 20m
変わった場所にいたヨシオキヌヅツミ。

 Wannai 19m
大きなウデフリツノザヤウミウシ(ピカチュー)。


外海よりも湾内の方が透視度が良い一日でした。
みなさん、お疲れさまでした~っ!