4月10日 先端と湾内のソウシカエルアンコウ

午後からのゲストさんのリクエストで、大人気のゼブラ柄ソウシカエルアンコウに会うべく大瀬崎ポイントの先端へ。

目的が同じダイバーさんが多そうなので、時間調整しながら居場所へ。
・・・
先にいた現地サービスKさんの撮影後、ゲストさんに案内したのですが、ゼブラ君は岩の中の上側に張り付いていました。
「うわ~っ、また撮りにくい所にいるな~。。」

しばらくゲストさんが撮影後、次に来た現地サービススタッフYさんチームに繋いで、その場所を後にしました。
すると間もなく、後ろから「キャ~~ッ!」という悲鳴が聞こえたので、振り向くとでっかいウツボさんが穴の中に入ってきてゼブラ君に噛みついていました(・o・)
とっさに指示棒でウツボさんを突付いて(ごめんね)それぞれを引き離しましたが、驚いたゼブラ君は穴から飛び出してゆっくりとホバーリングしながら深い側のウミトサカの付け根に移動して深呼吸?していました。
最初にいた穴はウツボさんのテリトリーだったのかな・・・?

Sentan 25m
「あ~、やばかったぁ~」という顔のゼブラソウシ君。
おかげで全身が撮れました。

 Sentan 22m
帰りに元の居場所をのぞいたらウツボさんが居座っていました。

Wannai 14m
こちらは大瀬の常連さんが教えてくれた岩に同化しちゃうタイプのソウシカエルアンコウ。

 

8月29日 視界良好の大瀬崎 スズメダイの大群

 Sentan 1.5m
先端浅場の砂地。太陽光がキラキラと反射してとてもきれいでした(^^)

Sentan 18m

Sentan 18m
大きな塊となっているスズメダイの群れがいい感じです。

Sentan 15m
カゴカキダイとツキチョウチョウウオ。

Sentan 20m
岩の上に大きなムカデメリベ。

Sentan 2m
浅場のソラスズメダイとウツボ。

Monshita 1.5m
フィンを脱ぐ時に足元にいたフサカサゴの仲間。

 

7月4日 ウツボとアカシマシラヒゲエビ メジナの群れ

 Sentan 13m
ウツボをクリーニング中のアカシマシラヒゲエビ。


雨の影響もほとんどなく、潜水時間中は泥水が来ることもなく良好な視界で、先端では10~15mほどの青い海を楽しめました(^^)

Sentan 6m
メジナの群れ!

Sentan 15m
ハナダイ類の群れ!

Sentan 15m
ネッタミノカサゴ。

 Wannai 10m
ツバメウオ。

Wannai 6m
子守中のクマノミの雄。1週間経った卵にはもう目が確認できていて、もうすぐでハッチアウトです。


ゲストさんの記念ダイブをお祝いしました~\(^o^)/

 

6月22日 釣針とウツボ 湾内のハゼ

 Wannai 15m
釣針がかかったままのウツボ。
どうやったらこの状態になるのか?
取ってあげたいけどむずかしい・・・。

Wannai 22m 35mm
イトヒキハゼ。

Wannai 25m
クサハゼ。

Wannai 5m
クビアカハゼとニシキテッポウエビ。

Wannai 26m
沖の方のニゲミズチンアナゴ。

 

1月5日 海況良好~ モンハナシャコ


今年に入ってから大瀬崎はほぼ毎日穏やかな日が続きました。
水温も高めで透明度も良好ですよ~!

Sentan 22m
大きくて迫力のあるモンハナシャコ。

Sakushita 18m
ウツボとクリアクリーナーシュリンプ。

Sakushita 18m
センナリスナギンチャク。

Monshita 8m
ツキチョウチョウウオ。2個体見られました。

Monshita 15m
ニシキフウライウオ。

Monshita 20m
ホオジロゴマウミヘビ。

Wannai 11m
ミカヅキツバメウオとゲストさん。

Wannai 16m
イバラタツ。

Wannai 4m
スザクサラサエビ。


年末年始、おつかれさまでした~っ!!

5月18日 ウツボとアカシマシラヒゲエビ

Sentan 12m
ウツボが「口の中もクリーニングして~っ」とアカシマシラヒゲエビにせがんでいました。

Sentan 10m
アカオニナマコとナマコマルガザミ。

Sentan 10m

Sentan 18m
アラリウミウシ。

Ipponmatsu 34m
よく見るとキサンゴカクレエビの模様ってビワガライシの模様に似てますねぇ。

Wannai 13m
ミナベヒメジの群れがアオリイカの産卵床のまわりで餌探ししていました。

Wannai 20m
だいぶ成長してきたハワイトラギス。