10月26日 ニシキフウライウオのペア クマドリカエルアンコウ

Ipponmatsu 20m
ニシキフウライウオのペア。

Ipponmatsu 20m
ガラスハゼ。

Ipponmatsu 20m
ヨシオキヌヅツミ。

Ipponmatsu 10m
シコクスズメダイ。

Ipponmatsu 2m
トゲアシガニ属の一種。

Monshita 17m
小さなクマドリカエルアンコウ。
前日は行方不明だったそうで、岩の岸面の海藻の中にめり込むようにしていました。

 Monshita 19m
ミナミフトスジイシモチ。
白いラインのパターンの子。

 

2月13日 ハワイトラギスの幼魚 フィコカリス・シムランス

Wannai 9m
ハワイトラギスの幼魚。

Wannai 8m
湾内のフィコカリス・シムランス。
情報をもらった場所は先客がいたので、離れたクサリの上の海藻にもいそうだな思い探したらやっぱりいました(^^)

Wannai 8m
マツカサウオの幼魚。

Wannai 15m
新漁礁のユカタハタはこんなに育ちました。

Wannai 11m
ツバメウオも増えて3匹に。

Wannai 8m
クマドリカエルアンコウの幼魚も健在です。

 

1月2日 紅白模様の小さなクマドリカエルアンコウ

Monshita 25m 7mm
常連Hさんが見つけたクマドリカエルアンコウの小さな幼魚。
正月が似合う紅白模様です(^^)
海藻の裏にくっついて隠れていました。

Monshita 15m 60mm
サラサゴンベ。

Monshita 17m 80mm
ニシキフウライウオ。

Monshita 15m 20mm
イロカエルアンコウ。

Ipponmatsu 14m 30mm
ミナミフトスジイシモチ。

Sentan 22m 23mm
腹ビレが薄紫色のかわいいスミレナガハナダイの幼魚。

 

12月8日 湾内のクマドリカエルアンコウたち

Wannai 8m
情報をいただいて見に行った石垣下のクマドリカエルアンコウの幼魚。

Wannai 14m
昨年に続きシーズンHIDEさんが見つけてくれた湾内の別のクマドリカエルアンコウ。さらにピンクのオオモンカエルアンコウも見つけてくれました。

Wannai 9m
ネジリンボウのペアが出ていなくて、代わりにヒレナガネジリンボウがほぼ同じ場所にいました。

 

11月1日 今シーズン初のクマドリカエルアンコウ

Ipponmatsu 14m 8mm
クマドリカエルアンコウ。
前日付で退社となった はごろもMS井上くんチームが10/31に見つけてくれた今季1号のシロクマです。

Ipponmatsu 21m
クマノミとミツボシクロスズメダイの若者たち。

Ipponmatsu 17m
トラフナマコとナマコマルガザミ。


通算500本以上の経験本数のうち、この日が大瀬崎300本となるゲストさんですが、タマザキへ潜りに行ったことが一度もなかったので、はじめてトライすることになりました。たくさん潜りに来ていただき本当にありがとうございます!!
タマザキ(旧:ゴミ捨て場)はポイントまで遠いし、ゴロタを長い距離歩かなくてはならないので、あまりゲストさんとは潜りませんが、これからの時期はとくに楽しくなるんですよね(^^)

Tamazaki 20m
テヅルモヅルエビ。

Tamazaki 25m
イロカエルっぽいオオモンカエルアンコウの幼魚。

Wannai 14m
ユカタハタ。
平成最後の冬の平均水温が高かったため、季節来遊魚が今まで見たことがないほど成長しています。

Wannai 18m
カミソリウオ。