クラゲダコ ( Amphitretus pelagicus )

 Wannai 0m

早朝ダイブでは深海生物のクラゲダコ ( Amphitretus pelagicus ) に会うことができました。

落ち葉などに混ざって打ち上げられそうな状態だったので、少し沖側に出したら、フワ~ッと弱い力で泳いでいました。

胴の外側は寒天質で、クラゲのようにすぐ壊れてしまいそうな繊細なつくりでした。

2月17日 河津桜 フレリトゲアメフラシ

大瀬崎周辺の河津桜が咲き始めました!

 

朝8時の時点では、大川下は注意で入れましたが、この後に強い西風が吹き始めました。

 

南西強風で起こる、湾内北部の沖出しの流れでフクロノリの塊がたくさん転がってきました。

 

少なくとも10個体はいたフレリトゲアメフラシ。

 

黒いカエルアンコウも定位置でした。

ゲストさん、おつかれさまでした~っ!!

 

2月15日 オニオコゼ トガリモエビ

またまた西風の大瀬崎。でも透明度は良好で快適ですよ!

水温は15度前後、透明度は15m以上でした~♪

 

 Wannai 6m

ほとんど砂に潜っていたオニオコゼ。

 

 Wannai 23m 150mm

コウイカの仲間。

 

 Wannai 23m

トガリモエビ。

 Wannai 2m

ウミフクロウ。

2月14日 セミホウボウ タカクラタツ

あいかわらずの西寄り強風が続いています。湾内でも表面に流れが出ますが、石垣下はとっても穏やかで青い海が広がっていました(^^)

Wannai 23m

セミホウボウとゲストさん。

 

 Wannai 23m

カエルアンコウとゲストさん。

 

 Wannai 0.5m

イカの仲間の幼体。

 

 Wannai 15m

スルガリュウグウウミウシ。

 

 Wannai 22m

ツノザヤウミウシ。

 

 Wannai 16m

浅い方のタカクラタツ。

 

2月11日 ピカチュウの交接 ハナデンシャ

 Sentan 22m

ピカチュウことウデフリツノザヤウミウシが交接していました。

 

 Sentan 16m

アザハタの幼魚。

 

 Wannai 23m

黒カエルアンコウの脇にいたセミホウボウ。

 

 Wannai 21m

人気者で砂だらけのハナデンシャ。砂を払うと丸まってしまうと思ったのでそのまま撮影。砂粒が目立つわ~^^;

 

 Wannai 22m

トガリモエビ。