1月16日 2個体のアンコウ

 Wannai 17m
湾内北側17mで見られたアンコウ。

 Wannai 20m
湾内正面20mで見られたアンコウ。
両個体とも全長40~45cmでよく似ていますが、白斑の形や目の周りの模様等で別個体だとわかります。



よくキアンコウと間違えられますが、今回の2個体はアンコウです。
写真はアンコウの特徴の一つである多尖頭の上膊棘です。

1月16日 シビレエイ ハナビラウオ

 Wannai 1m
クラゲの傘の上にはオオトガリズキンウミノミ。ハナビラウオも隠れています。

 Wannai 20m
アンコウ撮影中のゲストさん。
1日に2個体のアンコウに会えてラッキーです(^^)

 Wannai 22m
シビレエイ。日中は砂中に潜っていますが、出てもらっちゃいました。ゴメンね。。。

 Wannai 14m
いつものツバメウオ。

 Wannai 0.5m
エボシクラゲ。

 Wannai 0.5m
オオサルパ。

 Wannai 0.5m
ハナビラウオがたくさん見られました。

 

1月14日 カガミダイの幼魚

 Wannai 0m 25mm
お客さんとのファンダイブが終わった14時半過ぎに情報をいただいたカガミダイの幼魚。たくさんのダイバーに囲まれていてニゴニゴ状態でしたが、かなり久しぶりに会うことができて良かったです。
似ているマトウダイとは科が同じで、生息水深はカガミダイの方がより深いです。

1月14日 イロカエルアンコウ 海鵜

 Wannai 15m 15mm
湾内北のイロカエルアンコウの幼魚。

 Wannai 24m
ニシキフウライウオ撮影中のゲストさん(^^)


一本松からエントリー。

 Ohkawashita 15m
前日にキム兄が見つけたバサラカクレエビを見に行きました。

 Sentan 3m
先端では鵜が元気に潜って餌探しをしていました!

 

1月11日 若いカスザメ


10時前の大瀬崎湾内の様子です。
朝は寒かったものの、日差しが出ると暖かくなりました。
富士山もくっきりときれいに見えました(^^)
湾内の透明度は良好で15mほど、水温は16.8度でした。

 Wannai 25m 500mm
まだ小さく可愛いカスザメと撮影中のゲストさん。

 Wannai 8m 30mm
クマドリカエルアンコウが動き回りながら捕食をしていました。

他に、イロカエルアンコウ、ニセタカサゴ、ササムロ、ウメイロモドキ、メガネウオ、ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、オトメハゼ、クロイトハゼ、ツバメウオ、ハクセンアカホシカクレエビ、ビイドロカクレエビ、ベニクラゲモドキなどが見られました。

1月10日 大瀬崎外海からの富士山と雲


朝8時半の大瀬崎外海のおだやかな風景。
朝はぐっと冷え込んで、三津周辺の海上では気嵐(蒸気霧)が発生していました。
徐々に西寄りの風が強まり、外海は波が高くなりました。
透明度は良好ですが、湾内の水面付近は冷気で冷やされて16度になっていました。
あたたかい装備で潜りに来てくださ~い!